モルゲンバーデンGmbH

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#マリア・ラーハ修道院

5月28日(日)。アーヘンからの帰り道、コブレンツの手前で高速道路を下りる。

 

ラーハー湖の湖畔にある修道院。

 

 

マリア・ラーハ修道院。(Maria Laach Benediktinerabtei)

 

12世紀に完成したベネディクト会修道院。荘厳な佇まいだ。

 

心安らぐ空間。

 

修道院の脇にある園芸店からの眺めが素晴らしい。

 

ビオの鶏。こんな環境でのびのび育った鶏は肉も卵もさぞかし旨いだろう。

 

ペダル式のボートでラーハー湖を周遊する。まったりの極致。

 

マリア・ラーハ土産。日曜も営業しているビオスーパーでビオの肉を使ったハム、

ソーセージをゲットした。先入観込みは承知だが、やはりビオ肉は肉質、旨味の質がいい。

2017.06.12 Monday / ドイツ‐観光 / comments(0) / trackbacks(0)
#アーヘンのクラフトビール屋と蒸し餃子

5月27日(土)、アーヘン。

市街観光が一段落したところで(→参考)ビールを飲みに行く。

 

Hopfen+Malz。

 

現在世界中で盛り上がっているクラフトビールの店。

 

タグがかかったビールタップ。

 

レネット(Lennet)。アーヘンのビール。

瓶ビールだが、せっかくなのでまずは地元のビールを飲みたい。

 

うぅむ…ピルスナーとしてはホップの香りに欠ける。

正直それほど旨いビールだとは思わない。

 

ブリュードッグ: パンクIPA。(BrewDog: Punk IPA)

 

スコットランドのIPA(インディア・ペールエール)。嫁のを一口もらう。

 

…うめぇ!

 

ホップの柑橘系のアロマと強い苦味が口に広がる。

 

Kwasimodo。

 

謎のビール。こうして100mlだけ頼んで味見できるのが嬉しい。

大麦のほかにライ麦を使った黒ビールで、とにかく酸っぱい!

 

 

僕はブリュードッグのパンクIPA、嫁はベルギーのフルーツビールを追加で注文。

パンクIPAうまいなぁ…もう一杯飲もう。

 

クラフトビール屋、楽しい。

 

心地いい酔い具合に浸りながら会計を済ませ、晩飯へ。

 

MeiWei(美味)。

 

中心部から少し外れたところにある蒸し餃子の専門店。

ここはトリップアドバイザーのクチコミランキングで

アーヘンのレストラン476件中1位の店である。

アーヘンくらいの規模の都市で、しかも蒸し餃子が1位って相当凄い。

 

ビットブルガー。

 

アルコールは小瓶(330ml)のビールのみ。ビットブルガーと中国の青島ビールがあり、

ビットブルガーは2.3ユーロ、青島は2.6ユーロ。ドイツ人の客は物珍しさで

青島を飲んでる人が多い。青島は青島でいいビールだが、僕の感覚では

ビール大国ドイツで敢えて青島を飲む必要性が全く感じられない。

 

蒸し餃子。

 

せいろに入った蒸したてアツアツの餃子。左半分が鶏肉、右半分が豚肉の餃子である。

黒酢+生姜ソース、ネギソースなど複数のタレをよそって準備完了。

 

 

 

 

「…!!」

 

 

 

 

美味!

 

モチモチの皮を齧ると、肉の旨味と野菜の甘味が一体となった熱い肉汁が溢れ出てくる。

豚肉餃子は八角が利いてて濃厚、中華っぽい。鶏肉餃子はよりさっぱりした味わいだ。

そしてタレがまたいい。黒酢+生姜は中華の王道!

 

野菜餃子。

 

からし菜の餃子と切り干し大根の餃子の2種類×各2個。

手作り感満点の優しい味。からし菜のサクサク、大根のコリコリと異なる食感も楽しい。

 

 おかわり。

 

鶏肉餃子とシイタケ餃子を4個ずつ。軽いからモリモリ行けてしまう。

 

店の女将さんが「ピータン粥はいかが?」としきりに勧めてきて

少し興味をそそられたが、結局餃子だけで腹一杯になってしまった。

 

タンユエン(湯圓)。

 

シメの中華デザートは、中に小豆餡が入った温かい白玉団子。

モチモチ滑らかな食感の皮、甘さ控えめの餡。クオリティ高いわ…。

 

今日はクラフトビールと旨い餃子を満喫できて大いに満足。

最高の気分でホテルまでの長い道のりを歩く。

 

クラフトビール。

 

冒頭のHopfen+Malzで購入。個人の好みで比較的軽いビールを選択した。

中央のレネットは店でも飲んだが、一応もう一回飲んでみようと。

 

アーヘン大聖堂のミニチュアとマグネット。定番のコレクションがまた増えた。

2017.06.11 Sunday / ドイツ-飯 / comments(0) / trackbacks(0)
| 1/417 | >>