モルゲンバーデンGmbH

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#アーヘンのクラフトビール屋と蒸し餃子

5月27日(土)、アーヘン。

市街観光が一段落したところで(→参考)ビールを飲みに行く。

 

Hopfen+Malz。

 

現在世界中で盛り上がっているクラフトビールの店。

 

タグがかかったビールタップ。

 

レネット(Lennet)。アーヘンのビール。

瓶ビールだが、せっかくなのでまずは地元のビールを飲みたい。

 

うぅむ…ピルスナーとしてはホップの香りに欠ける。

正直それほど旨いビールだとは思わない。

 

ブリュードッグ: パンクIPA。(BrewDog: Punk IPA)

 

スコットランドのIPA(インディア・ペールエール)。嫁のを一口もらう。

 

…うめぇ!

 

ホップの柑橘系のアロマと強い苦味が口に広がる。

 

Kwasimodo。

 

謎のビール。こうして100mlだけ頼んで味見できるのが嬉しい。

大麦のほかにライ麦を使った黒ビールで、とにかく酸っぱい!

 

 

僕はブリュードッグのパンクIPA、嫁はベルギーのフルーツビールを追加で注文。

パンクIPAうまいなぁ…もう一杯飲もう。

 

クラフトビール屋、楽しい。

 

心地いい酔い具合に浸りながら会計を済ませ、晩飯へ。

 

MeiWei(美味)。

 

中心部から少し外れたところにある蒸し餃子の専門店。

ここはトリップアドバイザーのクチコミランキングで

アーヘンのレストラン476件中1位の店である。

アーヘンくらいの規模の都市で、しかも蒸し餃子が1位って相当凄い。

 

ビットブルガー。

 

アルコールは小瓶(330ml)のビールのみ。ビットブルガーと中国の青島ビールがあり、

ビットブルガーは2.3ユーロ、青島は2.6ユーロ。ドイツ人の客は物珍しさで

青島を飲んでる人が多い。青島は青島でいいビールだが、僕の感覚では

ビール大国ドイツで敢えて青島を飲む必要性が全く感じられない。

 

蒸し餃子。

 

せいろに入った蒸したてアツアツの餃子。左半分が鶏肉、右半分が豚肉の餃子である。

黒酢+生姜ソース、ネギソースなど複数のタレをよそって準備完了。

 

 

 

 

「…!!」

 

 

 

 

美味!

 

モチモチの皮を齧ると、肉の旨味と野菜の甘味が一体となった熱い肉汁が溢れ出てくる。

豚肉餃子は八角が利いてて濃厚、中華っぽい。鶏肉餃子はよりさっぱりした味わいだ。

そしてタレがまたいい。黒酢+生姜は中華の王道!

 

野菜餃子。

 

からし菜の餃子と切り干し大根の餃子の2種類×各2個。

手作り感満点の優しい味。からし菜のサクサク、大根のコリコリと異なる食感も楽しい。

 

 おかわり。

 

鶏肉餃子とシイタケ餃子を4個ずつ。軽いからモリモリ行けてしまう。

 

店の女将さんが「ピータン粥はいかが?」としきりに勧めてきて

少し興味をそそられたが、結局餃子だけで腹一杯になってしまった。

 

タンユエン(湯圓)。

 

シメの中華デザートは、中に小豆餡が入った温かい白玉団子。

モチモチ滑らかな食感の皮、甘さ控えめの餡。クオリティ高いわ…。

 

今日はクラフトビールと旨い餃子を満喫できて大いに満足。

最高の気分でホテルまでの長い道のりを歩く。

 

クラフトビール。

 

冒頭のHopfen+Malzで購入。個人の好みで比較的軽いビールを選択した。

中央のレネットは店でも飲んだが、一応もう一回飲んでみようと。

 

アーヘン大聖堂のミニチュアとマグネット。定番のコレクションがまた増えた。

2017.06.11 Sunday / ドイツ-飯 / comments(0) / trackbacks(0)
#デュッセルドルフの居酒屋(やばせ)

11月25日、デュッセルドルフ。

 

旧市街付近のクリスマスマーケットを歩いていると、凄い屋台が目に飛び込んできた。

 

 

 

 

「…!!」

 

 

 

 

アヒル、アヒル、アヒル。

 

おびただしい数のアヒルが一堂に会した様は壮観の一言。

アヒル好きにはたまらない。これは集めだしたらきりがなさそうだ。

 

 

Füchschen。(フュッシェン?)

 

ショッピングビルで初見のアルトビールを飲む。

比較的軽めで飲みやすい。ユーリゲには敵わないが、なかなかいいビールだ。

 

 

そして、お楽しみの晩飯。

 

やばせ。

 

デュッセルドルフを代表する老舗日本料理屋。

数年前に食べたランチの上ちらしがめちゃくちゃ旨かったのを

今もよく覚えている(→参考)。今回はディナー初挑戦。

 

店内は超満員。30分以上、1時間近く待っただろうか。

ようやくカウンター席に通してもらい、ビールと料理を注文する。

 

ブリンクホフ。(Brinkhoff's)

 

まさかのブリンクホフ。ドルトムントのピルスナー。アサヒやキリンではなく

ドイツのピルスを頼んだらこれが出てきた。ボルシア・ドルトムントの

本拠地スタジアムで出てくるビールとしてサッカーファンにはお馴染みだが、

香りは良くないし、酸味は目立つし、正直旨いビールだとは思わない。

 

美味しいドイツピルスナーは他に幾らでもあるのに、

やばせが何故敢えてブリンクホフを選択したのか非常に気になる。

 

以下、心温まる和食に舌鼓を打つ。

 

ねぎぬた。

 

あぁ懐かしい! 酢味噌のコクと酸味とネギの甘味・青い香りが絶妙に合う。

 

牛ヒレのたたき・玉ねぎソース。

 

 

 

「…!!」

 

 

 

うまい!!

 

噛み締める度に新鮮な牛ヒレの旨味がジワジワ滲み出てくる。ソースの塩梅も絶妙。

 

サーモンとまぐろとアボカドのつまみ。

 

それぞれの濃厚な味わいと醤油の塩気が一体となって美味!

 

イワシフライ。

 

揚げたてのイワシフライにレモンをぎゅっと絞り、サクッと齧る。

ビールが止まらんぜ!

 

 

まぐろステーキおろしポン酢。

 

いい感じに脂の乗ったまぐろのステーキにポン酢をかけて。

 

 

 

「…!!」

 

 

 

うおぉ、うめぇ!!

 

まぐろのクオリティが半端ない。そして焼き加減が絶妙!

ドイツでこんなに旨いまぐろが食べられるとは…。

 

ばってら。

 

新鮮で押しの強いサバの旨味と脂のコク、お酢の酸味。旨いなぁ…。

 

抹茶アイス。

 

嫁の注文。和の香りが旨い。脇に添えられたつぶあんもいいアクセント。

 

終盤になるとオーナーの奥様らしき女性が隣のカウンター席に座り、

赤ワインを飲みながら若い板前さんと談笑を始めた。

オーラが強すぎて、何故ピルスがブリンクホフなのかは聞けなかった。

 

満足感に浸りながらホテルに戻り、深い眠りに着く。

2017.01.29 Sunday / ドイツ-飯 / comments(0) / trackbacks(0)
| 1/51 | >>