モルゲンバーデンGmbH

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#モスタル観光/ボスニア・ヘルツェゴビナ土産
8月11日(火)、モスタル。
ボスニア・ヘルツェゴビナ料理を満喫した後(→参考)、旧市街を歩く。
ツアーバスの出発時間まであと1時間ちょっとしかない。


異国情緒溢れる通り。大勢の観光客でごった返している。

ボスニア・ヘルツェゴビナの通貨はコンベルティビルナ・マルク(KM)。
1ユーロ=2KMで、旧市街の土産屋では普通にユーロで買い物ができる。
僕はせっかくなのでKMを記念に持ち帰りたいと思い、
ATMでKMを下ろして土産を買った。


スターリ・モスト。
ネトレヴァ川までの高さは20数メートル。毎年ある時期に
ここから飛び降りる度胸試しをやる風習があるらしいが、僕は絶対無理。


自然と文化が調和した美しい風景。


橋を渡って数分歩くと、目の前の景色が人気観光地からいきなり生活感溢れるエリアに
切り替わる。こちらの方がよりリアルなボスニア・ヘルツェゴビナ人の姿と言えよう。


モスク。
かつてイスラム支配下だった頃の名残。


残り時間あと僅か。そろそろバスの駐車場に向かおう。

集合時間に間に合わない者がいたため、バスは10分ほど遅れて出発。
ドブロブニクまでの長い帰路に着く。


丘の上に砦が聳える休憩スポット。
モスタルからとにかく暑くてもうバテバテ。とても上まで登る体力はない。



モスク。

バスが出発すると、直ちに深い眠気がやってきた。



湖沿いの道路をうねうねと走り、ボーダーへ。
ボスニア→クロアチア→ボスニア→クロアチアと複数国境を跨ぐ。

ボスニア・ヘルツェゴビナ訪問。
賞味の観光時間は短かったが、実に貴重な体験ができた。


―以下、ボスニア・ヘルツェゴビナ土産。


サッカー ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のユニフォーム。
ベタで恐縮だが、やはりボスニアといえばエディン・ジェコ(現ASローマ)だろう。
残念ながらメンズール・ムイジャ(SCフライブルク)のユニは無かった。



旧ユーゴスラビア諸国のビール。

左: スロベニア(Lasko)
中: ボスニア・ヘルツェゴビナ(Sarajevsko)
右: モンテネグロ(Niksicko)


スロベニアのLaskoはドブロブニクでも普通に売ってた。
全部飲んだ感想としては、モンテネグロが一番旨い。



ボスニア・ヘルツェゴビナの国旗、ボスニア・ヘルツェゴビナのステッカー、
ボスニア・ヘルツェゴビナのワイン、スターリ・モストのミニチュア、
モスタルのマグネット、そしてボスニア・ヘルツェゴビナの菓子。


ポテチとライスチョコはクロアチア製、チョコパイはセルビア製だった。
2015.09.02 Wednesday / ボスニア・ヘルツェゴビナ / comments(0) / trackbacks(0)
#ボスニア・ヘルツェゴビナ初上陸
8月11日(火)。

ドブロブニクからの日帰りバスツアーで、ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルへ。


ボーダー到着。ドライバーがツアー客十数名分のパスポートを集めて検問へ。

欧州24ヵ国目、ボスニア・ヘルツェゴビナ初上陸。

あの凄惨な紛争から20年余。
まさか今こうしてボスニア・ヘルツェゴビナへ
遊びに来ることになるとは、当時は思いもよらなかった。


マイク片手にガイドしながら運転するドライバーのお兄さん。(運転大丈夫か?)
デペッシュ・モードの「Just Can't Get Enough」を思い出す。



遠方に大きな湖を望む、最初の休憩スポット。平和で静かな光景だ。

さらに小一時間ほど走り、次の休憩スポットに到着。
巨大な駐車場には欧州各国からの車が止まっており、ドイツナンバーの車も多い。


妙に新しい教会。ミサの途中なのか、大音量の音楽が聞こえる。
中を覗いてみようと思ったが、人が多すぎて入れないようだ。
(前に立っている人々は中に入りきらなかった様子。)


道路の対面には、宗教グッズを売る店が数十も軒を連ねている。
何か記念に買おうかと品定めするも、ここは妙な胡散臭さが漂っていて手が出ない。

出発時間が近づいてきたので、再び教会を通ってバスに戻ろうとすると、外にあぶれた
揃いの黒Tシャツを着た10名ほどの団体が跪いて懸命に祈りを捧げているのが目に入る。



これ、いわゆる 「カ○ト」 宗教ってやつじゃないか…。


なぜこんな場所に寄らなければならないのか。ガチすぎて笑えない。
外は35度近い真夏日だが、嫌な寒気がしてきた。



さらに1時間弱ほどバスに乗り、目的地モスタルに到着。


モスタル旧市街。
かつてオスマン帝国の支配下にあったモスタル。オリエンタルな雰囲気が漂っている。




「…!!」



スターリ・モスト。

ネトレヴァ川に架かる美しい橋。
モスタル旧市街とセットでユネスコ世界遺産に登録されている。

自由時間はわずか2時間弱。
あんな教会なんか寄らなくていいからもっと長く居たかった。


まずは、メシ。


Irma-Tima。
ボスニア・ヘルツェゴビナの料理が味わえる店。満席近かったが、外の席に座れた。


モスタルスコ。(Mostarsko)

ボスニア・ヘルツェゴビナのビール初体験!
よく冷えた軽めのラガービールが喉に染みわたる。



肉盛り合わせ。

せっかくなのでいろんな料理を試してみたい。
そんなニーズを叶える盛り合わせメニューがあった。
(英語で「mix meat」と書いてある。)


チェヴァプチチ。
これはボスニア・ヘルツェゴビナというか、旧ユーゴ圏全体を代表する料理。
粗挽き肉の力強い旨味。生タマネギとパプリカペーストで一層旨さが引き立つ。


豚のハーブ焼き。あっさり淡白な旨み。


つぎは、これ。




「…!!」




焼き鳥。

大ぶりで柔らかい正肉(モモ肉)を噛み締めると、ジューシーな肉汁が滲み出てくる。
塩加減は程よく、炭火で焼いた焦げ目の香りも香ばしい。ビールおかわり!

焼き鳥、つくね(チェヴァプチチ)でビールか…。
ボスニア人も日本のガード下のサラリーマンもあんま大差ないな。



チェヴァプチチとはちょっと違う、ハンバーグのような挽肉料理。
(正式名称は不明)


ソーセージ。粗挽きで焦げ目が香ばしく、なかなか行ける。


盛り合わせの底に敷いてあった、ピタのようなパン。
僕はナイフとフォークで切って食べたが、中は袋になっていて、
具を挟んで食べられるようになっている。

一皿でボスニア・ヘルツェゴビナ料理を満喫することができてよかった。
やっぱりMVPは焼き鳥だな。

満足感に浸りながら会計を済ませ、モスタル観光へ。
2015.08.31 Monday / ボスニア・ヘルツェゴビナ / comments(0) / trackbacks(0)
| 1/1 |