モルゲンバーデンGmbH

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#ザルツブルク初上陸

8月19日(金)。

 

インスブルックから車で3時間弱、ザルツブルクに到着。

 

今さらながら宿代をケチったことを後悔している。

ここ、ほぼユースホステルじゃないか。フロントの姉ちゃんは不愛想だし、

今13時過ぎだけどきっかり15時までチェックインできないし。

 

ホテルから徒歩10分以内のところに開いてるレストランがあったのは

不幸中の幸いだった。テラス席に腰を下ろし、生ビールと料理を注文する。

 

 

シュティーグル。(Stiegl)

 

ザルツブルクのビール。凄く新鮮で、モルトの香りが香ばしい。

美味しい生ビールで運転の疲れが一気に吹き飛ぶ。

 

Kalbsbeuschel。(カルブスボイシェル?)

 

何だかよく分からない料理を注文してみたら、子牛の内臓料理だった。

細かく刻んだ内臓のクリーム煮、中央にはクネーデル(団子)が鎮座している。

 

なるほど、これがオーストリアのモツ煮込みか。

 

内臓好きの俺、歓喜。スプーンで団子を一口大に切り、モツ煮を絡めて口の中へ。

 

 

 

 

 

 

「…!!」

 

 

 

 

 

モツ、うまい!

 

子牛の肺(lunge)の新鮮で力強い旨味、プリプリの食感。

一瞬ウェイパー(味覇)っぽい味がしたと思ったが、恐らくモツのダシやら

アサツキみたいなネギの香りやらが合わさってそんな気がしただけだろう。

ビールとの相性は抜群、ご飯とも合いそうだ。

 

 

ポルチーニのタリアテッレ。

 

嫁の注文。一言で表すと「バター焼きそば」。これはこれで悪くないと思う。

 

 

―午後3時にホテルのチェックインを済ませ、路線バスで旧市街へ。

 

レジデンツ広場。

 

 

ザルツブルク祝祭劇場。

 

世界有数の音楽祭: ザルツブルク音楽祭の会場である。

 

今はまさにザルツブルク音楽祭の真っ最中、今夜はここ祝祭劇場で

モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」の上演がある。

当日券が手に入らないものか、ダメ元でチケット売り場に聞いてみると、

1人250ユーロだか350ユーロだかの席はあるという。うぅむ…。

 

 

 

無理。とても勢いで買える値段ではない。今回は諦めよう。

 

 

黒塗りの高級車で乗り付け、劇場の前を行き交う本物のセレブ。

ここは我々のような平民が居るべき場所ではないようだ。

 

 

丘の上に聳えるのは、ホーエンザルツブルク城。

 

 

モーツァルト像。

 

楽しみにしてたモーツァルトの生家が既に営業時間を過ぎていて入れず、

一気にテンションが下がる。

 

カフェ・トマセッリ。(Cafe Tomaselli)

 

創業何と1705年、モーツァルトも訪れたという超老舗のカフェである。

ベランダの鉢植えが美しい。ここで一休みしよう。

 

ケーキ、どっさり。

 

ケーキを食べたいというと、ウェイトレスの人がこうして様々な種類のケーキを

席まで持ってきて見せてくれる。どれも旨そうだなぁ…甘党でなくてもワクワクする。

 

嫁が選んだのは、チョコレートケーキ。別皿で生クリームも付けた。

 


メランジェ。

 

こんなオーストリアの老舗カフェに来たらメランジェを頼みたくなる。

生クリームの濃厚なコクがコーヒーの芳醇な香りと合わさって旨い。

 

結局今日は殆ど観光できなかった。今夜は早めに飯を食って切り上げて明日に備えよう。

2016.09.30 Friday / オーストリア / comments(0) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2018.10.01 Monday / - / - / -
Comment








Trackback
Trackback URL: http://morgenbaden.jugem.jp/trackback/780
<< NEW | TOP | OLD>>