モルゲンバーデンGmbH

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#ドイツビール紀行(ダルムシュタット)

4月29日(土)。

 

フランクフルト近郊の都市、ヘッセン州ダルムシュタット。(Darmstadt)

車や電車で通過したことは数あれど、この街に降り立つのは今回が初めてだ。

少々緊張しながら中央駅を出て、市街中心部行きのトラムに乗り込む。

 

ダルムシュタット・ヘッセン州立博物館。

 

ラーツケラー(Ratskeller)。

 

ドイツのある程度大きな都市には大抵「ラーツケラー」という旧市庁舎の地下レストラン

があるのだが、ダルムシュタットのラーツケラーは何と自家製ビール

醸造施設を持っている。これはドイツでもなかなか珍しいのではないか。

 

自家製ビール。

 

メニューの表記はRatsbräu Premium Hell, nach "Pilsner Brauart"。

一応分類としてはピルスナーってことでいいんだろうか。

いかにも自家製ビールらしい濃い濁り具合だ。味は見た目ほど濃くない。

ホップでもモルトでもなく、独特の花のような香りが前面に出てきて面白い。

 

ダルムシュタットには他にも魅力的なビアホールがたくさんある。

ラーツケラーは1杯だけで切り上げ、2軒目へ、

 

グローエ醸造所。(Grohe Brauerei)

 

ラーツケラーから徒歩数分のところにある中小ブルワリー。

敷地内のビアホール(ビアガーデン)でビールを味わう。

 

ヘレス。

 

 

「…!!」

 

 

いかにも中小ブルワリーな垢抜けない麦芽の香り。

この洗練されてない感じがいい。絶賛するほどではないけど素朴で憎めない味だ。

 

シュヴェービッシュ・プレッツェル。(Schwäbisch Bretzel)

 

生地にバターが練り込まれた濃厚&柔らかいプレッツェル。温かい。

これはこれで悪くないが、プレッツェルとしては邪道な気がする。

(プレッツェルよりバターロールに分類したい。)

 

利き酒セット。

 

最初は利き酒セットがあることに気づかなかった。手前から反時計回りに

ヘレス、メルツェン、ヴァイツェン、季節のビール(ヴァイツェン+ボック)。

さっき飲んだヘレスの紹介は割愛する。

 

メルツェン。

濃色のメルツェンはローストモルトの香りが甘くて香ばしい。

 

ヴァイツェン。

仄かにスモーキーな香り(?)。ヴァイツェンにしては線が細い。

 

ヴァイツェン+ボック。

甘くて濃いボックビールが加わり飲み応えアップ。

 

利き酒セットを飲み終え、気に入ったビールを1杯…と見せかけて次の店へ。

本当はもっとゆっくり飲んでいきたいところだが、ダルムシュタットに

来る機会はそうないので、できるだけいろんな店を回りたい。

 

ジッテ。(Sitte)

 

本日3軒目。ダルムシュタット近郊の大手ビール醸造所:

プフングシュテッター(Pfungstädter)の直営レストラン。
ビアホールではなくちゃんとしたレストランだ。

 

ちなみにここはさっきのグローエのすぐ斜向かいにある。

 

プフングシュテッター。

 

苦味と酸味が前面に出てきてメタリックな後味。独特な雰囲気のピルスナーだ。

少々アロマに欠け、個人の好みには合致しないが、なかなか洗練された味だと思う。

ここも1杯だけ飲んで店を出る。

 

ダルムシュタット、面白い。

 

いい飲み屋が徒歩圏内にハシゴできるほど密集しており、

僕のようなビール好きにとっては非常に魅力的な街である。

今回行った3軒以外にもまだまだあるようだ。

2017.05.07 Sunday / ドイツ‐観光 / comments(0) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2017.05.15 Monday / - / - / -
Comment








Trackback
Trackback URL: http://morgenbaden.jugem.jp/trackback/828
<< NEW | TOP | OLD>>