モルゲンバーデンGmbH

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#SVダルムシュタット×SCフライブルク(17/04/29)

4月29日(土)、ダルムシュタット。

 

市街中心部からトラムでスタジアムへ。

 

ヨナタン ハイムス シュタディオン・アム・ベーレンファールトア。

(Jonathan-Heims-Stadion am Böllenfalltor)

 

昨年3月に癌でこの世を去ったサポーターのヨナタン・ハイムス氏(†26)の名前を冠した

今季のダルムシュタットのスタジアム。ダルムシュタットと同クラブを愛し支えた

ハイムス氏にまつわるエピソードはドイツ中の人々の胸を打った。古き良き

ドイツのサッカー文化を体現するかのようなスタジアム。ここは是非一度来てみたかった。

 

ブンデスリーガ第31節、

 

SVダルムシュタット98×SCフライブルク。

 

 

ハイムス氏を始めとする地元サポーターの熱い声援の下、昨シーズンに1部昇格、

そして残留を果たした。今季は前節(第30節)終了時点で勝ち点21の断トツ最下位、

来季の2部降格決定も時間の問題だが、トルステン・フリンクス監督率いる

ダルムシュタットは現在2連勝中と最後の粘りを見せており、決して侮れる相手ではない。

 

SCフライブルクの先発は以下の通り。

 

シュヴォロウ

イグニョフスキ - ソユンチュ - ケンプ - ギュンター

ヘフラー - フランツ

ブルート - ハベラー

ニーダーレヒナー - ペーターゼン

 

元SCフライブルク、現ダルムシュタットの

ヤン・ローゼンタールとイマヌエル・ヘーンはともにベンチスタート。

 

―15時半、キックオフ。

 

ソユンチュが相手選手と衝突。

 

フライブルクが攻めあぐねている一方、ダルムシュタットは

組織だった守備から徐々に試合の主導権を握っていく。

 

 

 

 

「…!?」

 

 

 

 

前半20分過ぎ、ダルムシュタット先制。

速攻から右サイドを破られ、中央に飛び込んできたプラッテのヘッドを許す。

 

0-2。

 

前半アディショナルタイム、セットプレーから追加点を献上する。

 

今日はザルだな。ソユンチュは後半開始にグルデと交代させられた。

 

0-3。

 

後半60分過ぎ。右ペナルティエリア内でシップロックがボールをキープすると、

右にターンしながら放ったシュートはGKシュヴォロウの間を抜けてネットに突き刺さった。

 

ハミト・アルティントップのフリーキック。

 

SCフライブルクは後半50分過ぎからマクシミリアン・フィリップを投入するも、

一向に流れを変えられず。全員が低調なパフォーマンスに終始したSCフライブルクは

このまま為す術なく0-3で完敗を喫した。

 

一方のダルムシュタットはとても最下位とは思えないほどよく統率の取れた

いいチームだった。今日の試合内容には天国のハイムス氏も満足したに違いない。

 

緑豊かなスタジアムに別れを告げ、中央駅行きのシャトルバスに乗り込む。

 

リリエングッズ。(Lilien=ユリ。ダルムシュタットの愛称。)

 

ダルムシュタットは次節(第32節)、バイエルンに敗れて2部降格が決定した。

2017.05.12 Friday / ドイツ-サッカー / comments(0) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2017.08.17 Thursday / - / - / -
Comment








Trackback
Trackback URL: http://morgenbaden.jugem.jp/trackback/829
<< NEW | TOP | OLD>>