モルゲンバーデンGmbH

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#ドイツビール紀行(ダルムシュタット)

4月29日(土)。

 

フランクフルト近郊の都市、ヘッセン州ダルムシュタット。(Darmstadt)

車や電車で通過したことは数あれど、この街に降り立つのは今回が初めてだ。

少々緊張しながら中央駅を出て、市街中心部行きのトラムに乗り込む。

 

ダルムシュタット・ヘッセン州立博物館。

 

ラーツケラー(Ratskeller)。

 

ドイツのある程度大きな都市には大抵「ラーツケラー」という旧市庁舎の地下レストラン

があるのだが、ダルムシュタットのラーツケラーは何と自家製ビール

醸造施設を持っている。これはドイツでもなかなか珍しいのではないか。

 

自家製ビール。

 

メニューの表記はRatsbräu Premium Hell, nach "Pilsner Brauart"。

一応分類としてはピルスナーってことでいいんだろうか。

いかにも自家製ビールらしい濃い濁り具合だ。味は見た目ほど濃くない。

ホップでもモルトでもなく、独特の花のような香りが前面に出てきて面白い。

 

ダルムシュタットには他にも魅力的なビアホールがたくさんある。

ラーツケラーは1杯だけで切り上げ、2軒目へ、

 

グローエ醸造所。(Grohe Brauerei)

 

ラーツケラーから徒歩数分のところにある中小ブルワリー。

敷地内のビアホール(ビアガーデン)でビールを味わう。

 

ヘレス。

 

 

「…!!」

 

 

いかにも中小ブルワリーな垢抜けない麦芽の香り。

この洗練されてない感じがいい。絶賛するほどではないけど素朴で憎めない味だ。

 

シュヴェービッシュ・プレッツェル。(Schwäbisch Bretzel)

 

生地にバターが練り込まれた濃厚&柔らかいプレッツェル。温かい。

これはこれで悪くないが、プレッツェルとしては邪道な気がする。

(プレッツェルよりバターロールに分類したい。)

 

利き酒セット。

 

最初は利き酒セットがあることに気づかなかった。手前から反時計回りに

ヘレス、メルツェン、ヴァイツェン、季節のビール(ヴァイツェン+ボック)。

さっき飲んだヘレスの紹介は割愛する。

 

メルツェン。

濃色のメルツェンはローストモルトの香りが甘くて香ばしい。

 

ヴァイツェン。

仄かにスモーキーな香り(?)。ヴァイツェンにしては線が細い。

 

ヴァイツェン+ボック。

甘くて濃いボックビールが加わり飲み応えアップ。

 

利き酒セットを飲み終え、気に入ったビールを1杯…と見せかけて次の店へ。

本当はもっとゆっくり飲んでいきたいところだが、ダルムシュタットに

来る機会はそうないので、できるだけいろんな店を回りたい。

 

ジッテ。(Sitte)

 

本日3軒目。ダルムシュタット近郊の大手ビール醸造所:

プフングシュテッター(Pfungstädter)の直営レストラン。
ビアホールではなくちゃんとしたレストランだ。

 

ちなみにここはさっきのグローエのすぐ斜向かいにある。

 

プフングシュテッター。

 

苦味と酸味が前面に出てきてメタリックな後味。独特な雰囲気のピルスナーだ。

少々アロマに欠け、個人の好みには合致しないが、なかなか洗練された味だと思う。

ここも1杯だけ飲んで店を出る。

 

ダルムシュタット、面白い。

 

いい飲み屋が徒歩圏内にハシゴできるほど密集しており、

僕のようなビール好きにとっては非常に魅力的な街である。

今回行った3軒以外にもまだまだあるようだ。

2017.05.07 Sunday / ドイツ‐観光 / comments(0) / trackbacks(0)
#SCフライブルク×バイヤー・レバークーゼン(17/04/23)

4月23日(日)、シュヴァルツヴァルト・シュタディオン。

 

ブンデスリーガ第30節、

 

SCフライブルク×バイヤー04レバークーゼン。

 

今シーズンも残りあと5試合。

前節はライプツィヒで0-4の大敗を喫したが(→参考)、

ホームでは強いSCフライブルクを見られると信じている。

 

今日の先発は以下の通り。

 

シュヴォロウ

イグニョフスキ - ソユンチュ - ケンプ - ギュンター

ヘフラー - フランツ

ブルート - ハベラー

ニーダーレヒナー - ペーターゼン

 

ペーターゼンは2月末のドルトムント戦以来の先発。

 

1904。

 

SCフライブルクと同じ1904年創立のレバークーゼンを迎え、

バックスタンドではこんなコレオグラフィーが掲げられた。

 

ドライザム(フライブルク)だろうとライン(レバークーゼン)だろうと、

私たちはフェアなファンでありたい。

 

一部の心無いファンによる差別や暴力などの残念なニュースが

しばしば報じられる中、この清々しいメッセージには心が洗われる。

 

 

―15時半、キックオフ。

 

チャグラル・ソユンチュ。

 

前節は前半30分以降ボロボロだったソユンチュ。今日は崩れませんように。

 

チチャリート。

 

あの超大物が遂にフライブルク初上陸。

 

ソユンチュかっこええ。対人強すぎ。

 

 

 

 

 

「…!!」

 

 

 

 

ペーターゼン来たー!!

 

前半10分過ぎ、ペーターゼンのスーパーゴールでSCフライブルク先制!

さすがの決定力。あそこで打って入れるのは凄い。

 

ユリアン・ブラント。

 

将来有望な若手。昨年ペーターゼンとともにリオ五輪に出場した。

 

フライブルクの1点リードで前半を折り返す。

 

アドミール・メフメディ。

 

13-14から2シーズンに渡ってSCフライブルクで活躍した功労者。

選手紹介の際には温かい拍手が沸き起こった。

 

後半60分過ぎ、イグニョフスキがPA内でフォラントを倒してPK献上。

フォラントにきっちり決められ1-1の同点に追いつかれる。

 

後半80分過ぎ、フライブルクはブルートを下げてパスカル・シュテンツェルを投入。

 

その数分後。

 

 

 

 

 

 

「…!!」

 

 

 

 

 

 

うおぉ、来たあぁぁぁ!!!

 

右サイドを突破して見事な勝ち越し弾を決めたのはシュテンツェル。

長期離脱明けの前節ライプツィヒ戦(途中出場)はミスが目立ちブランクを感じたが、

今日この重要な局面で素晴らしい働きをしてくれた。

 

このまま2-1で勝利したSCフライブルクは勝ち点44で6位浮上。

当初目標の1部残留はおろか、来季のEL出場権まで視野に入りつつある。

 

一方のレバークーゼンは傍から見てても気の毒になる。

あれほど豊富なタレントを擁しながらこの有様は酷い。

ロジャー・シュミットを切ってタイフン・コルクートを

監督に据えたのは失敗だったと言わざるを得ないだろう。

 

ELは出れたら嬉しいけど、出れなくても全然構わない。

2017.05.07 Sunday / ドイツ-サッカー / comments(0) / trackbacks(0)
<< | 2/415 | >>